かのブロ

シンガーソングライター「原かのこ」のブログです
下スペース
上スペース
あえてカレーの話で。
こんなコト思いましたpart590


大好きな夏が1日、また1日減ってしまうー

夏がゆっくり死んでいってしまうー

セミと一緒に死んでいってしまうーーー

と、焦ってビールを飲んでいます。


原発、安保法案、オリンピック、動物虐待、

賛成、反対、嘘、本当、あ、やっぱり嘘・・・・

自分の考えはあります。他の考えも知りたいので

記事は読みます。

でもキツイです。精神的に。

もうウェブを見ているとキツくて、むせます。

安らぎたくてクックパッドとか見ます。


だから今日はカレーの話にします。



カレー大好き。

食べるとお腹がポカポカします。ご飯の上に何かがトロッと

かかっているだけで皿ごと抱きしめたくなったりしますが

このカレーの魅力ってそれだけじゃなくて、スプーンで

すくった時にスプーンの上もすでにカレー。

わかります??

皿の上にはおっきいカレー。

そこからすくったちっさいカレー。

カレーの一部を削り取って食べてるんじゃなくて

一口も完璧なカレーなんですね。


だから口の中にいれた瞬間にカレーのメッセージがすぐ伝わるんです。

このスピード感がすてき。


和食はまた違った魅力で、お出汁なんかは口の中で品よく

暖簾でもくぐって正座でもしてるみたいなたおやかなテンポで

「昆布でございます」「鰹でございます」って

フワア〜っと来る感じ。


スパイスはスピード感ありますね。とくにカレーは!

スパイスはおしゃべりです。

スパイスは踊りながらやってきます。

スパイスはパーカッシブです!!


カレーはスパイスの大団円です。

おっきな一口もちっさな一口も完璧なカレー。

皿ごと抱きしめたいぜベイベー。




以上、カレーの魅力をお伝えしました。

伝わってないかな・・・汗




 
| kanoko_hara | ごはん | 11:03 | comments(6) | trackbacks(0) | top |
上スペース
トイレに落書きがしたかったのです。
こんなコト思いましたpart589


トイレにポストイットで落書きをしています。

トイレットペーパーホルダーに蛍光色のポストイットと

エンペソがホールドされています。

最初はいろんな絵を描いてました。その日の気分で。

その日のトイレの中の気分で。

いつからだったか描いた女の子の絵が気に入って、

毎日その子と友達の猫を描くように・・・

自分に似てるなーと実は思います。

イラストってなんか似ちゃうんですよ。



ひととおりペタペタしたらはがして、格納しています。

名前はポストイッ子ちゃんにしました。

猫はニャーです。(名前ですよ

なんとなくポストイッ子ちゃんがわたしの気持ちを代弁

してくれるようになってきました。アホですね。



気がつけば夫がうちの猫(リアルの)のハチをひっそりと

描きいれるようになりました。

夫婦間トイレコミュニケーションですね。

急な思いつきでしたが、描き始めたら楽しくなってしまいました。


わたしは他のほとんどの人がそうであるように、

「結婚ってなーーーーーーーにーーーーー???
なーになーになー・・・(こだま」

状態で結婚しました。(いい年してすみません・・・

色々気持ちの持って行き方がわからずに、もてあまして

自分の性格に窒息しそうでした。

トイレに深いため息をたくさん流しました。

いっそわたしのことも流しちゃってくださいよ、とか思いました。

でも、そんなの浄水場に迷惑なので、何か楽しいことを

トイレで(なぜトイレで?)しようと思いました。


絵が好きだから絵を描こう。


自分で描いておいてほっこりしたりします。

ポストイッ子ちゃんは働かなくても、機嫌が悪くても、

ぐーたらでも誰にも迷惑かけません。

ニャーもです。


なんか・・・・いいね、それ。




そんなでいいんだね。

それから曲も作っています。やっぱり作って歌っていると

身体の奥から黒いとぐろまいた煙が出てってくれます。怖


これからもポストイッ子ちゃんとニャーと、トイレで

戯れたいと思います。危

か、し、こ。

 
| kanoko_hara | つぶやき | 11:12 | comments(2) | trackbacks(0) | top |
上スペース
不安です。
こんなコト思いましたpart588


いま、日本てとても大変なことになっていますよね。

正直、とても不安です。

50年後、「あの頃の日本人」と呼ばれるのか。

100年後、「あの頃の地球人」と呼ばれるのか。

どんな意味をこめて?


宇宙の中の地球の中の日本の中の関東の中の東京の中の

恵比寿の中のこのおうちで暮らしている人間。わたし。

いまのそのわたしは宇宙時間の座標軸のどのあたりの

点なのでしょうか。


「人類年表」の2015年は「人間、ますます奪い合う」

なのか「人間、真実に出会う」なのか「人間、手遅れになる」

なのか。


世界を見渡せば、なんかもう全然自然と一体化してて、

自然なものを食べて、動物を愛して、エシカルなものを着て、

瞑想で宇宙とコネクトしている人もたくさんいます。

でも大半はわたしのような「できれば優しく、できるだけ

自然に生きたい」人たちではないでしょうか。


まいにち息を吸って吐いてして、食べ物を出して入れてして

生かされているんだから、何か砂つぶのひとつでもいいから

「良いもの」を人類年表に残したいです。

名前もついてないような誰にも見えないような、でも

毎日少しずつでも残せるものが、普通の人でもあります。


普通の人は偉大です。

普通の人が全体を大きく構成しています。

偉大な政治家も、偉大な芸術家も、普通の人たちに選ばれた人です。



「良いもの」はきっと人によって違います。

その人が大切にしているもの。

「ほほえみ」を使う人、「強い意志」を伝える人・・・

きっと自分らしさの中にそれはあって、大きな不安や

怒りや批判に取り込まれない何か。

そういうものが実は全然弱いものではないのだって

感じます。そう感じて生きています。

「性善説?」違います。

善じゃなくて愛!です!

「性愛説!」

アレ・・・・これじゃなんか意味違ってマソ。

・・・・・・・・・・・・・・・。

 
| kanoko_hara | つぶやき | 10:36 | comments(2) | trackbacks(0) | top |
上スペース
水とわたし。
こんなコト思いましたpart587

泳げません。

ええ、笑われますが泳げません。

夏大好きな夏バテ体質ですが、先日実は初めてバリに行きました。

おおおおおきなプール!

美しいいいいプール!

プールサイドにならぶ白いベッドとパラソル!

ビールにナシゴレンでうっふん!!

あああ、水と空に溶け込んでいきそうよ〜!!(水中歩いてるだけだけど

最高ですね。

なんでもっと早くリゾートを味わわなかったのか。



日本でプールというと・・・

ジムでガンガン泳ぐ(泳げる人が

子供いっぱいのスライダーいっぱいの流れるプールの

プールサイドと更衣室があんまり綺麗じゃないのよの

入場料高いのにビルを小さく切り取った感じの都会のホテルの

つまり泳げなくて軽く潔癖性のただ水に浸かりたいだけのわたしなぞ

行く場所がないのです。

都内であったら教えてプリズ。


子供の頃スイミングスクールに通ってたはずなのに泳げない。

泳げそうで泳げない夢ばかりよく見ます。

川で、足のつかないプールで、巨大なお風呂で、

溺れる。溺れる。何度も溺れる。


バリで夢のようなプール体験をして、すっかり脳に

「水に浸かりたい」とプリントされてしまいました。

最後には浮けるようになったんですよ。

あおむけに身体をぴーんと伸ばしてほわ〜っと水に浮く。

コポっと水の音を聞きながら雲が流れていくのを眺める。

水とわたしと空だけ。

青と透明とに挟まれて身体も透けていくようでした。

静かで静かで。




サーフィンとかダイビングができる人が羨ましい。

すごい怖がりなんですよね。

映画の「ジョーズ」みてお風呂の蓋開けられなくなるくらいでしたから。

お風呂にジョーズはいりきらんでしょ。


水と仲良くなりたいです。

震災の津波で怖がりが加速してしまったけれど、被災地で入った

海辺のカフェのメニューに「海がきらい、でも大好き」って

書いてあったんです。

わたしが水を怖がるのは水を知らないからですね。

未来人って水と生きていく人じゃないかと思っています。

いつか本物の水とつながって未来人として生きたい。


 
| kanoko_hara | つぶやき | 17:12 | comments(0) | trackbacks(0) | top |
上スペース
ベッドの上、わたし、ネコ。
こんなコト思いましたpart586

数日前に書いた日記だけれども、やっぱり今日も

あめ、あめ、あめですね。

とくにどこにも行かない日もどこにも行けない感じが苦手です。

友達が庭に咲いたラベンダーをドライにしてくれました。

部屋がラベンダーの香り。嬉しいな。


久しぶりに少し体調が良くなくて、やっと起き上がって

パソコンをひらきました。

さっきまでドロドロとした沼のような眠りの中にいました。



寝室で寝ていると、ハチ(猫♂)がベッドに乗ってきました。

まどろみながらハチの重みと感触を感じました。

手足をわたしのお腹につけて、ぐぐーっと伸びをします。


次の瞬間、目を覚ますとハチがいなくなっていました。

あれ?

起き上がって姿を探すと・・・

あ!壁と棚の間にはまりこんでる!!!!

しかも電話のコードに後ろ足がからんでる!!

足は変な角度になっていて、わたしは青くなって必死で

コードを外しました。

意外にスルリと外れて、ハチはヨタヨタと部屋の真ん中へ。

からまっていた後ろ足が変な角度にプラプラしてる!!!

大変!!!!!

大声で旦那さまを呼びました。

どうしよう、どうしよう!!!


っっっっっっっっっっっっは!!!!!!


本当に目が覚めました。

あーー、よかったああああ涙





 
JUGEMテーマ:日記・一般
| kanoko_hara | 犬と猫と | 16:16 | comments(2) | trackbacks(0) | top |
上スペース
まいにちもぐもぐ
こんなコト思いましたpart585


最近、というかいい加減この年齢になってやっと料理をするようになりました。

先日は全国優勝狙えるレベルの不味い料理を作ってしまいましたが。

ええ・・・

こめかみがズキっとするくらい不味かったですね。

料理を失敗すると何が辛いって、材料が無駄になること。

あのキャベツと卵と塩と油はもう戻ってこないんだ・・涙

(その材料でなぜそれほど不味いものが・・?と思いましたね?


ご飯には地味ご飯とか派手ご飯とか、男前ご飯とか乙女ご飯とかあります。

家では地味ご飯です。



わたしの場合ですが、料理と音楽はなんとなく似ています。

作っていると自分の性質がよくわかります。


ほらほら、よくクックパットで「つくレポ」のところの写真みると、

みんなこれ本当に同じレシピで作ったの??ってくらいに違う料理に

見えませんか?鍋とか材料とかの違いだけじゃなくて、

作る人の性格とか体温とか思念とか菌が料理にはいるんですね。


キッチンで己を知る瞬間があります。

最後のひとつまみ塩が多かった・・・よけいな心配をする

味付けがきまらない・・・・決断力に欠ける

肝心な材料を抜きでなんとか作ろうとする・・経験不足

基本レシピ見ない・・・独創的ww

ひとつひとつ覚えたいです。


料理がうまくいかないのには理由がある。

なぜ?原因は?大事なのは??

にんじんはどうして欲しかったのか。

「もうそれ以上塩かけないで欲しいな・・」

あの時にんじんはそう言ってたのに

わたしったらわたしったらーー!!ばかばかあ!



にんじんをもっと美味しくいただくには、

ただ漫然と同じことをくりかえすだけじゃなくて、

にんじんの言葉を聞いたり、性質を理解したり

そして美味しくしていくことはつまり、幸せになるって

ことなのだなあって。

美味しくなって、幸せになって。

まいにちもぐもぐ、まいにちもぐもぐ。

もぐもぐ祈




 
JUGEMテーマ:日記・一般
| kanoko_hara | ごはん | 10:15 | comments(2) | trackbacks(0) | top |
上スペース
ウェディングドレス着ました。
こんなコト思いましたpart584


今日はちょっと長い日記。

本当にかなりわたくしごとです。


昨年の1月、結婚しましたが、結婚式というのをしていません。
 
恵比寿にはホテルやパーティー会場があるので週末のたび

結婚式の様子はいつも横目で・・・(へー

ウェディングペーパーアイテムをデザインするお仕事もいただいていたので

なぜかウェディングの資料はいっぱいあるけれど横目で・・・・(へーー


色々と事情があってできなかったとういうのもありますし、

わたし自身、ちまたの女子ほど結婚式に対して情熱もなく、(あ、お金もなくw

なんとなくまあいっかーと諦めモード。


そして昨年春に母が亡くなりました。母は器用だったので姉の結婚式には

ドレスを作りました。(姉、結婚早かったからミニドレスで可愛かった

わたしには30までに結婚したら作ってあげると言われ、

その年をとっくに過ぎてしまい、それどころか母は癌で縫い物などできず。

それでもドレスを作りたいと思っていたらしく、闘病しながらもわたしに隠れて

こっそり本を買って、友人に手伝って欲しいと相談していたようです。

結局そのまま母は旅立ってしまいました。


「おかあさんが元気になってドレス作ってくれるなら結婚式するよ」

そんな話のまま・・・


そのあとも、せめて写真だけでも撮ろうと思いつつ、

憎まれっ子世にはばからなかった母のことを考えたり、

なんだか女性としての自信をがっくり失っていたり、

お金が心配だったり、とにかく心に余裕がなくて

ドレスふんわあ〜〜〜なんて気分になれず。

なんだか全体的に「もういいっか・・」モードでした。

(そのわりに作品だけはモキモキ作りましたが)


で、そんなタイミングに友人が結婚しました。

愛あふれる素敵な結婚式でした。

彼女の花嫁姿が本当にきれいで感動的で、顔がパンパンになるまで泣きました。


そうだ!!

やっぱり母にドレス姿だけでも見せたい!!!!!

エンジンかかったついでになぜか

やっぱり南国に行きたい!!!!(関係ないじゃん

ふたつが合わさってバリでウェディングの写真撮るという

単にわたしがやりたいことを2ついっぺんに叶える計画に。

あ、日本で撮るより安いんですよ(言い訳


それから本格的に「おばさん」として仕上がるまえに、ドレスを

着ておいたほうがいいのではという焦りもだいぶ背中を押す要因に・・・


そして行ってきました!南国バリ!

撮ってきました!ウェディングドレス!

ここにはスナップだけのせちゃいます照。(iPhoneとるるぶ映ってる・・

本物はカメラマンさんに美しい庭園と教会で撮ってもらいました。



盛りました。色々と(小声

お世話になったのはミッシェルリゾートウェディングバリさん。
バリといえばバリ王のプランで。

中には結婚何周年とか銀婚式で撮りに来られるご夫婦もいるそうです。

素敵ね〜!


わたしの背中を押した友人の言葉。

「いつか子供ができたら見せたい」

わたしは子供を持つ人生を選ぶかわからないけれど、少なくとも

母は満足してくれたのではと勝手に思いました。

ブーケは母が一番好きだった白い薔薇。

形見のペンダントもつけることができました。


撮影後、だんなさんが「あ、お母さん教会に来てたよ。」って言うし。


長くなりましたが、読んでくださった方、ありがとうございます。

撮影後は・・・・・

もちろん・・・・・・・

コレダヨーーー!!!

ごくごくごく






JUGEMテーマ:日記・一般
| kanoko_hara | 恋愛 | 10:09 | comments(4) | trackbacks(0) | top |
上スペース
世界中のイヌのベッドがふかふかだったら。
こんなコト思いましたpart583

世界中のイヌのベッドがふかふかでありますように。

突然ですが、今朝は実家でうちのワン子べにちゃんのベッドを

お掃除しました。短毛のワン子でもかなり毛は抜けます。

ネコとちがってイヌは毛づくろいなど自分でしませんので

しばらくトリミングへいかないと・・・・・・


ぬーーーーーーーーん とした匂いがしてきます。


親バカ的にはこの ぬーーーーーーーん の匂いもわりと、好き。

しかしベッドは綺麗にしてあげたいですね。



喜びも悲しみもあるのに偽善や恨みはないイヌ。

散歩うれしいイヌ!

ご飯うれしいイヌ!

ご主人大好きイヌ!

ボール遊びたのしいイヌ!

ふかふかベッドきもちいいイヌ!

ワンワンワン!イヌ!

イヌがうれしい、たのしい、きもちいいで人は幸せな気持ちになります。

イヌがおなかを出せば、人も精神的におなかだします。

イヌの幸せは人の幸せにつながっている。

イヌがふかふかのベッドでスヤスヤ寝ている姿は、

そのまま私たちが生まれた日の姿。


世界中のイヌのベッドがふかふかだったら、私たちはそれを

見るたび何度も生き直せるって気がします。


「イヌ」の部分をあなたの大切な存在に置き換えてみてください。

ボール遊びたのしい父!w

ワンワンワンワン!母!w
 
JUGEMテーマ:ペット


 
| kanoko_hara | 犬と猫と | 10:04 | comments(2) | trackbacks(0) | top |
上スペース
外は雨、ここはかわいてあたたかい。
こんなコト思いましたpart582

がーーーーーん。

雨、ですね。早く南国に逃げなくちゃ。(願望

雨苦手なんです。そりゃみんなそうか。

でもね、「外は雨」は悪くないですよね。なんというか

「ここは乾いてあたたかい」ってホカっとした気分になる。



雨嫌いの記憶のひとつを思い出しました。

子供の頃に英語教室に通っていました。

子供の足で歩いて15分くらいの場所。途中道路沿いを10分近く歩くんです。

特別歩道が狭いわけではなかったのでしょうけれど

わたしは車が走り去る音がいやで、いつも重いかばんを腕にかけ、

両耳をぎゅっと塞いで歩いてました。

かばんが重くて腕が痛くて、でも車の音が怖くて。

雨の日は傘をささないといけないのでそれが二重苦。

どうしても両耳を抑えられないから車がびゅんびゅん通るたびに

肩に力をいれて我慢、濡れた地面とつま先を見つめて歩いていました。

どうしてあんなに車の音がいやだったのか・・・

あの10分ほどの道のりが永遠に続くような気がして辛かった。

雨の日にあの道を通るといまでもわたしみたいな子供が

いないか見てしまいます。

「辛かったな。ここはかわいてあたたかいな。」

もう車の音も怖くない。

大人になるっていいですね、やっぱり。




JUGEMテーマ:日記・一般
| kanoko_hara | つぶやき | 10:33 | comments(2) | trackbacks(0) | top |
上スペース
bossa-girl、7年目だなあ。
こんなコト思いましたpart581

ブログを始めて何年かして、こんなコト思いましたも581回目。

始めた頃は思いを文章にするのが楽しくて仕方なかったです。

迷ったり、ときめいたり、ちょっとしたこと、嬉しい、悲しい、

たくさん綴ってきたように思います。

なんだか書き尽くしてしまったし、音楽を作ることで言いたいことを

全部言ってしまって、日記というカタチでは逆にうまくそれが言えなく

なってしまったなあ、と。

でも本当はずっともっと更新して、こんなコト思いましたpart1000

とかいきたいなって。


最近CDで音楽を聴きたいなってすごく思います。

同じような気持ちでfacebookやtwitterもいいけれど、

手間はかかっても、読んでくれている人が少なくても、

日記の原型であるブログを書きたいな。

と、bossa-girlも7年目に突入して思うのでした。

今後ともどうぞよろしくお願いします(おじぎ
| kanoko_hara | つぶやき | 13:55 | comments(2) | trackbacks(0) | top |
プロフィール
プロフィール画像

原かのこ
バレリーナを目指す幼少期からクラシック音楽に親しむ。
ダンスを通してさまざまな音楽に触れるが、ボサノバと出会い、歌い始める。
そしてボサノバギターのスタイルで日本語オリジナル楽曲の制作も始める。
2008年に1stアルバム「deep blue」を発売、配信開始。 2011年5月にボサノバ教則DVD、9月にはセカンドアルバム「FLY」を発売、配信。 2015年1月、サードアルバム「My Picture Book」を発売。